日常生活

タイ田舎生活【自由研究】自然サイクルと高次元進化のヒント捜査中

プロフィール画像

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

今回の記事は、Jおっさんが

タイ田舎で半自給生活をして

子供の頃のように自然とふれあい

楽しみ、大人の考えで

自然サイクルや自然バランスを

感じた【自由研究】を書きました。

 

そこには将来、世界に来る

自然問題、食料問題、

人の精神のありかたなどの

高次元への進化のヒント

あると感じ捜査をしています。

 

実は動植物を観察して楽しんでいます

 

それでは気持ちをらく~~に

 

捜査結果をご覧になってください。

(捜査官NO.001)

 

タイ田舎【自由研究】自然サイクルはどうなっているか?

 

タイ田舎に行って自然に触れて

見るといったい何があるのかと

思いますよね。

 

行って見ると分かりますが

動植物に違いがあります。

 

しかし人間もその他、動植物も

生きていく為の行動、食べる為、

子孫を残していく為の行動や

環境つくりは同じです。

 

日本の田舎もタイの田舎も

自然環境のサイクルは、

ほぼ同じですね。

 

このタイ田舎の自然サイクルの

中に人やその他の動植物が

共栄共存しています。

 

合わせて読みたい記事

タイ田舎の半自給生活 人間は自然環境の一部【現代版】
タイ田舎生活は昔の日本見たい【自然との共存と安全と幸福】
おっさんタイ田舎生活は毎日が夏休み 楽し過ぎ!ストレスフリー

 

まぁ、硬くならずにご覧になってください。

 

タイ田舎で子供のように興味深々

に遊びながら楽しんで見たものを

書いています。

 

 

それぞれが自然サイクルとバランスにはまっている【自由研究】

タイの田舎の野池

ではどのような自然サイクルに

はまっているか?

を下記に書きます。

 

朝ご飯のしたくで、タイのド田舎

のあぜ道を、Jおっさんは歩いています。

 

バナナをひと房とり小腹が減った

ので、バナナを1本食べました。

 

他のバナナの房の中に

小鳩が巣を作り、

卵を温めていましたよ。

 

そのバナナの房はそっとしておきます。

 

自然宇宙連合のルールです(笑)

 

(自然宇宙連合は見守ります)

 

そして、バナナの皮はその辺に

捨てました。

 

捨てたバナナの皮はアリが

食べたりその他、微生物の

カビなどの菌が分解をします。

 

そしてバナナの皮は分解して

土と同期していきますよ。

 

土に戻るわけですね。

 

植物の果実に必要な栄養素の

リン酸に変わります。

 

また美味しいバナナがとれます(笑)

 

もしかしたら、

知らないうちにバナナの木に

操られていたかもしれません。

 

このバナナの木は肥料が必要と

していて木は自分で歩く事も

できず、話す事もできないので

人間の、Jおっさんに美味しい

バナナを見せびらかして食べて

もらい皮を「ポイ」と

捨てさせたかったのでしょう。

 

Jおっさんもお猿さんと同じですね(笑)

 

自然サイクルには人間には分から

ない次元の意識が働いています。

 

知らず知らずのうちに

Jおっさんは自然環境の良い

サイクルの一部としてはまっていました。

 

生かされていますね。

自然宇宙連合に見守られています。

 

マンゴーもとって食べることがあります。

 

大きいので全部食べる事が

できないので、その辺に捨て

ますが鳥たちが来て食べていました。

 

マンゴーもバナナの皮と同じよう

に分解され土に戻っていきます。

 

*よい子のみんなは、ちゃんと

ゴミ箱にバナナの皮をすてましょう。

 

タイ人彼女に「もし私が死んだら

骨を川や里山にまいてくれ

と言いました。

 

彼女はニッコリとして

OK~」と言いました。

 

Jおっさんはのどが渇いた」と

タイ人彼女に言うと

ヤシの実をとれ」と

言うのでとります。

 

彼女はヤシの実をナタで

パンパン」と音を立てて

割って皮をはぎ取りました。

 

タイの田舎の女の人は凄いですよ。

 

最後にヤシの実の上の部分を切り

ヤシの実ジュースが飲めるように

してくれました。

 

Jおっさんはヤシの実ジュースを

飲み、殻を彼女に渡すと

水路に「ポイ」と捨てます。

 

自然環境に悪い』と

最初は思いました。

 

しかし、いろいろと観察すると

捨てたヤシの実や自然に落ちて

腐ったヤシの実の中に

小魚や稚魚が入っていました。

 

外敵から守る為に最適なのですね。

 

子孫を残す良い方法です。

 

しかもヤシの実の中の白い部分の

実を食べていました。

 

タニシもヤシの実の白い部分を

食べていますよ。

 

そのタニシはホタルの幼虫の

エサとなっています。

 

そのホタルの幼虫は成虫となり

水の中の世界【宇宙】から

地上の世界【宇宙】へと進化して

オスとメスが結ばれます。

 

水路に咲いている奇麗な蓮の花も

動植物のフンや死骸などを栄養に

して花をさかせていますよ。

 

蓮の花を見ると花の中にはタイの

ミツバチがいました。

 

蜜を吸わせて受粉させます。

 

根の部分は水路の底の泥の中、

茎や葉は水の中、花は地上。

 

いろいろな世界を同時に

体験して生きています。

 

恐るべし蓮の花!

 

人に奇麗と思わせ、

ミツバチに蜜を吸わせ、

そのミツバチの蜜を人間は食べて

喜び栄養となります。

 

お寺に蓮があるのが分かります。

 

ん~~深い

 

 

そして、蓮の花を彼女にとってあげました。

 

彼女は喜びます。

 

もっと~、もっと~

 

と言います。

 

Jおっさんは沢山とってあげました(笑)

 

蓮の茎は食用として使います。

 

最初は奇麗だな~』と思って

見ていた蓮ですが自然サイクルと

言うドラマ、【宇宙】が

そこにはありました。

 

しかも男女の恋愛感情をも繋ぐ

エネルギーが存在し作用しました。

 

愛には高次元に繋がる

が存在します。

 

蓮の花がその助けをする

エネルギーがあるのですね。

 

 

タイの田舎生活 自然からの高次元進化へのヒント

木登り魚

 

雨の日に小さい木登り魚が

水路から隣の小川に移動をして

いるのを見た事がありました。

 

木登り魚は水の中の世界と

陸地の世界を行き来できます。

 

こいつは凄い!こいつには宇宙

が2つある。次元を超えられる。

行き来できる。

 

なぜ小さな木登り魚は見た事も

ない隣の小川を知っているのか?

 

まぁ、大きく成れば小さな水路

より小川のほうが

食料問題の解決になります。

 

そして、この陸地と言う

ワームホールを進んで行く為の

空気呼吸ができる、凄い!

誰か偉い科学者の方、木登り魚

DNAを研究して欲しい

と思いました。

 

しかし、この木登り魚も小川に

行くと途中に人間の食料に

されたり、鳥に食べられたり

体力が無くなりあぜ道で死んで

土になり植物や微生物の

栄養源となります。

 

それぞれが生きて行く為です。

 

自然のバランスですね。

 

しかし、この宇宙を造った神は

絶妙なバランスで全てが

結びついています。

 

人には認識できない世界、

次元、宇宙もあります。

 

木登り魚やバナナの木、

ミツバチは人間の認識できない

世界を紐づけられます。

 

Jおっさんは楽しみながら

その紐を今日も探していますよ(笑)

 

タイのド田舎に来て少しは

精神えねるぎー

の進化をしました。

 

まだまだ本場スピリチュアルな

タイランドで精神の進化中であります。

蚊帳

(タイランド高次元進化捜査事務所)

 

まとめ 高次元進化の捜査

タイ田舎生活で子供の頃のように

自然に触れて楽しみながら

いろいろと経験をして観察しています。

 

大人になったのでいろいろと

社会の経験を積み世界問題を

考えながら結びつけて

観察をしてしまいますね。

 

この壮大な宇宙のプログラムの

一部の自然の中のタイの

ド田舎で考えています。

 

考えた結果、自然のバランスに

背くといろいろな部分でひづみが

でき何時かは

辛く成ったり、命を無くしたり、

種の絶滅にもなります。

 

タイのド田舎で次への生きて行く

為の次元のヒントがあるのでは

ないかと考える、Jおっさんです。

 

そして、

 

タイに来てよかったな~~

 

と思い好きな動植物を

観察しています(笑)

 

自然大好き人間ですから~~

 

パソコンの画面の向こうの

見えない読者様、

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

「タイ情報」を押してあなたも

高次元進化 捜査官になろう!

ありがとうございました。

 ↓

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.