日常生活

日本の仏教 大乗仏教をタイの海外から興味をいだいた

仏像

 

こんにちはJおっさんです。

 

タイに住んでいます。

 

タイの仏教は上座部仏教です。

 

私は無宗教ですがタイに住んで

見て生活の中でタイの仏教に

ふれる機会が増えました。

 

海外から日本の仏教に興味を

いだくようになりましたよ。

 

日本に住んでいた時は仏教に

接するのは法事やお祭り、

初詣ぐらいですね。

 

そこで今回は日本の仏教の

大乗仏教についての記事です。

 

では、気持ちをらく~~に

 

読んで見て下さい。

 

 

 

大乗仏教と上座部仏教(小乗仏教)の違い

仏像

 

まずは、大乗仏教と

上座部仏教(小乗仏教)の違い

を、簡単に説明します。

 

発祥は上座部仏教(小乗仏教)の

方が古く後に部派仏教として

大乗仏教ができました。

 

上座部仏教(小乗仏教)は

出家する事により悟りを得る

事が出来ます。

 

出家しなければ悟れない

という事ですね。

 

大乗仏教は出家しないでも

お経を唱えることで誰でも

悟る事ができます。

 

と言う教えです。

 

出家しないでも悟れます。

 

 

上座部仏教(小乗仏教)の教えが

先に有りました。

 

出家するお坊さん個人だけが

悟れます。

 

 

以上が大乗仏教と上座部仏教

(小乗仏教)の大きな違いを

簡単に説明しました。

 

では、下記に日本の大乗仏教を

説明します。

 

 

日本の仏教 大乗仏教とは

お寺

 

大乗の言葉の意味は

サンスクリット語の訳で

大きな乗り物」です。

 

沢山の人が乗れて救えますよ

という事です。

 

偉大な教え、優れた教え

と言う意味です。

 

インドからネパール、そして

中国、朝鮮半島から漢訳経典が

日本に伝わりました。(538年)

 

大乗仏教は歴史的には

紀元前後に起こります。

 

大乗仏教が唱えられた目的は

大勢の人を救済する目的

されています。

 

上座部仏教(小乗仏教)の利己の

救済から生きるもの全て

一切衆生」を救う目的です。

 

そして大乗仏教では菩薩は

この世に何度でも現れ

生きるもの全てを救う

修行を繰り返しています。

 

上記の考えを龍樹

(2世紀~3世紀)によって

形成されました。

 

大乗仏教の基本となる般若経

」を説明しています。

 

教義の経典は

華厳経

法華経

涅槃経

などがあります。

 

大乗仏教の出家者(求道者)は

自分の解脱より他者の救済を

優先とし、自分自身がブッタに

なる事を主張します。

 

そして、大乗経典を作りました。

 

ブッダは釈迦などのように世の中

に何度でも世の中に現れ、

もっと昔にも現れ、

未来にも表れると考えられて

います。

 

大乗仏教では無数の菩薩が

しゃば世界とは別に他の世界に

ブッダとして存在していると

考えました。

 

多くのブッダの中には

阿弥陀如来薬師如来などが

あります。

 

八百万の神ですね。

 

 

大乗仏教をタイの海外で興味を抱いた感想

清水寺

 

日本にいた時は正直あまり仏教に

ついて興味も信仰も有りません

でした。

 

毎日仕事で信仰の考えはなく

法事やお祭りで仏教に接する

ぐらいです。

 

タイに住んで見るとタイの田舎

ではタイ族のタイの原始信仰の

精霊信仰が今も色濃く信仰されて

いるのを体験しました。

 

タイ人は本当に精霊を

信じていますよ。

 

自然の中で生きていますので

自然のいろいろな精霊がいます。

 

タイの上座部仏教(小乗仏教)も

タイの生活で接する事が良く

有ります。

 

お坊さんが毎朝、托鉢をしていて

タイの人々はタンブンを

していますよ。

 

行事などの日取りをお坊さんに

占ってもらったり、徳を積む大切

さを学校で教えたりしています。

 

なので、仏教が身近に感じ

日本の仏教を調べて見ました。

 

日本の大乗仏教はずいぶんと

バージョンアップした教えだと

思いましたね。

 

人々の生活は時代と共に変わり

教えもバージョンアップの

更新をしていくのか。

 

と、現代人の思い方で考えて

しまいます。

 

他世界(三千大千世界)に

 

ブッダは何度もしゃば世界の

この世にあらわれる

 

とありますが、

曼荼羅の絵画を思い出しました。

 

曼荼羅の中にはブッタが沢山

いますが、それぞれの世界に

描かれています。

 

三千大千世界は仏教では世界観の

宇宙単位とされています。

 

曼荼羅を見ながら

パラレルワールドかと思いました

 

まるでマトリクスの映画のように

それぞれの世界に救世主が現れる

のかと考えてしまいました。

 

正直、俗人の私にはそんな

考え方をしてしまいました。

 

 

まとめ

タイに住んで見なければ上記の

ような事も知りえません。

 

タイに住んだからと言って全ての

日本人の長期滞在者が、仏教に

ついて考えるとも言えません。

 

全く縁のない人もいます。

 

仏心がある人は見える人

になります。

 

これまでに「見える人」の記事を

書きましたが、仏心がる人は

仏心のある人と出会うのでしょう

 

私がタイに来たのは

偶然ではないようですね。

 

全ては必然で奇跡の連続です。

 

この記事をよんでいるあなたも

偶然にこの記事を

読んでいるのではありません。

 

皆さんの奇跡と幸福を

タイから祈ります。

 

早く新型コロナウイルス

収束してくれ~~

ワクチンできてくれ~~

 

と思う、Jおっさんでした。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

タイ情報」を押して頂ければ

嬉しいです。

ありがとうございました。

 ↓

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.