日常生活

タイラーメン 舟のクワイティアオルア ソーンピーノンは美味しい!

 

クワイティアオルア ソーンピーノン

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

今回はタイのラーメン、

クワイティアオです。

 

ラーメン好きな人への記事となります。

 

 

クワイティアオは屋台で私自身

よく食べていますよ(笑)

 

タイの田舎の国道沿いの川に

舟のクワイティアオ屋さんが有ります。

 

見た目が楽しそうだったので

寄って見ましたが大変美味しか

ったので紹介しますね。

 

では、気持ちをらく~~に

 

タイラーメン、クワイテアオの種類

 

まずは、クワイテアオを

簡単に説明します。

 

日本のラーメンも醤油、味噌、

塩、とんこつ、などだしの

取り方もいろいろあります。

 

タイラーメンも奥が深いですよ。

 

簡単に説明します。

 

麺の種類

・平麺 センヤイ

・普通麺 センレック

・細麺 センミー

・黄色のちじれ麺 バーミー

 

スープの種類

・ナームサイ

 出しから取ったスープ

 

・ナムトック

 豚の血で作ったスープ

 

・トゥン

 醤油ベースのスープ

 

・トムヤム

 辛くて酸っぱいスープ

 

あとは、スープ有とスープ無しがあります。

 

面白いですね。

タイではラーメンを注文する時

に麺の種類を言ってから

スープ有り、無を言います。

 

屋台や小さいお店では

スープの種類は少ないですね。

 

注文する時は麺の種類と

スープ有か無を伝えましょう。

 

スープを別の器で欲しい時は

麺とスープを別にしてくれます。

 

最初見た時は、何でタイ人は一緒

に食べないのかと思いました。

 

しかし私自身、今は別にしたの

食べたい時があります(笑)

 

 

舟のお店クワイティアオルア ソーンピーノンの場所

場所はめちゃ、遠いです。

車で約1時間ぐらい。

 

バンコクから高速で

アユタヤ方面に向かって行き

国道305号線の川沿いにあります。

 

 

この川沿いには所々に、

クワイティアオルアの

タイラーメン屋さんの舟が所々

止まっています。

 

舟と言ってもお店用の舟で動きません(笑)

 

 

昔、川が交通の主流だった頃、

舟のクワイティアオの行商を

モチーフにしたものです。

 

タイ人にして見れば懐かしい

ラーメン屋さんですかね。

 

最初に入ろうとしたお店はすいていました。

 

活気が無く暗い雰囲気でしたね。

 

タイ人彼女は「すいているお店

は美味しくない」と言うので

人の多い、繁盛したお店に入りました。

 

 

入ったお店はやはり美味しかったです(笑)

 

お店の地図を貼りますね。

 

(お店の場所が川の中ですね笑)

 

クワイティアオルア ソーンピーノンの紹介

 

お店の名前の意味を説明します。

 

クワイティアオはタイのラーメン。

 

ルアは舟。

 

ソーンピーノンは二人の兄弟。

 

二人兄弟の舟のラーメン屋さんです。

 

お~~ 日本の演歌か!

 

国道305線からお店の舟が見えますよ。

 

橋を渡り川の側道に舟があります。

 

舟の前の側道に車を止める

スペースがあるので駐車しました。

 

舟に渡るさん橋が掛かっています。

 

お店の入口にヤシの実ジュース

を販売しています。

 

さん橋を渡ります(ドキドキ)

もう、楽しくなってきましたね(笑)

 

クワイティアオルア ソーンピーノン

そして、川沿いの席に座ります。

 

お店の中は木造作りでレトロな

雰囲気でなかなか味のある店内です。

 

クワイティアオルア ソーンピーノン

クワイティアオルア ソーンピーノン

メニューも大変リーズナブルです。

クワイティアオルア ソーンピーノンのメニュー

 

クワイティアオルア ソーンピーノン

(写真のクワイティア1杯50バーツ ムーステ80バーツ)

 

 

上の写真は私たちが頼んだメニューです。

 

 

クワイティアオルアの器もなかなかいいですね!

 

手前のが、Jおっさんが頼んだ

クワイティアオです。

 

麺はバーミーです。

スープはナーム コンです。

具は豚肉にもやし、パックブンが入っています。

 

 

彼女が頼んだクワイティアオは写真奥の器です。

 

 

麺はセンレック。

スープはゲーンタポーです。

具はエビ、いか もやし、

パックブンです。

 

 

娘たちはジュースに写真の右側

のムーステとポテトフライです。

 

ここのムーステ食パンにサラダ

のマリネがついていました。

 

ムーステとは豚肉ですがここの

ムーステは柔らかくタレが美味しいですよ。

 

 

真ん中にある白いお皿に茶色の

液状のものをトーストにつけて食べます。

 

ピーナッツベースで味にコクが

あり初めての味でしたが

大変美味しかったですね。

 

ここにきたらクワイティアオと

ムーステは定番のようです。

 

他のお客さんのテーブルを見ま

たが皆さん食べておられました。

 

ムーステがお皿に山盛りの方もいましたよ(笑)

 

 

クワイティアオの他にもいろい

ろとメニューがありリーズナブルです。

 

 

彼女が食べたクワイティアオは

ココナツミルクの香辛料が入っ

たスープでタイ人向きです。

 

私がたべたクワイティアオは

辛く無く豚の血ベースの濃いスープです。

 

豚肉も柔らかく上質でした。

 

日本人向きですね(笑)

 

 

今まで良くバンコクで

クワイティアオを食べてきまし

たが大きなお店でメニューの

豊富なところは余り美味しく

なかったので感激しました。

 

また来て他のメニューも食べて

見たいと思いましたね。

 

スタッフもきびきびと動き

サービスが良かったです。

 

タイでは珍しいぐらいですね(笑)

 

写真や動画を撮る協力までしていただきました。

 

 

ロケーションも良く座席の横

川を見たら小魚が泳いでいましたよ。

 

時々、大きな魚も水面を跳ねていました。

 

小舟も通り過ぎて行ったりと

タイらしい風景も楽しめましたね。

 

総合的に大変満足しました。

 

タイに来てよかったな~

と思いました(笑)

 

まとめ

タイの田舎に行くとクワイテ

ィアオが美味しいですね。

 

タイの田舎で食べている時に思うので

すがこの味でバンコクでお店を

出せば流行るのにと思います。

 

まだまだクワイティアオは

奥が深いものが有りますので

調査を続け精神の進化を進めていきます(笑)

 

 

パソコンの画面の向こうの

見えない読者様、

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

「タイ情報」を押して頂ければ

大変嬉しいです。

ありがとうございました。

 ↓

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.