日常生活

日本の仏教 大乗仏教の修行を海外から知った

清水寺

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

タイに住んでいると托鉢をして

いるお坊さんに食べ物をあげて

いるタイ人の姿を生活の中で

よく見かけます。

 

日本にいた時は仏教に接する

日本人は法事か初詣ぐらいです。

 

 

タイの海外から日本の仏教の

大乗仏教の修行はどうしている

のか気になり記事にしました。

 

では、気持ちをらく~~に

 

読んで見て下さい。

 

 

修行する為に、誓願をして授記をいただく

仏像

 

誓願とは誓いをたてる

ことです。

 

大乗仏教の誓願は一切衆生

生きとして生けるもの全て

を救う仏の道を誓います。

 

そして、授記される。

 

授記とはブッダが

あなたはブッダになれますよ

と言って貰える事

 

修行者から見たら受記です。

 

お釈迦さまも誓願をたて

授記されています。

 

お釈迦さまは前世でも修行をして

いて過去世にブッタと合っており

未来には悟りを開き釈迦仏になる

と予言の授記をされていました。

 

上記を燃燈仏授記

釈迦の前世の物語です。

 

 

大乗仏教の修行は、どのような

修行なのかを下記を簡単に

説明します。

 

 

大乗仏教の修行 お経を唱える

清水寺

 

大乗仏教はお経を唱えるだけで

誰でも悟りが開ける事ができる

教えです。

 

 

お経を唱えるだけで全ての人が

(一切衆生)救われる教えですよ

 

上記のように大乗仏教の修行は

在家信者でも修行ができ悟りを

得て誰でもブッダになれますよ

と言う教えです。

 

ですので、出家してもしなくて

もどちらでも悟ることができます

 

 

大乗仏教はお経を唱えるだけで

誰でもブッダになれる教えなので

お経自体をブッダと考え

崇めますよ。

 

上記の教えから修行は

お経を唱えブッダと出会い

ブッダを崇めブッダを

供養します。

 

菩薩や如来は沢山おられまして

どのようなお経があるかは

般若経、法華経、華厳経、

阿弥陀経、涅槃経などがあり

ます。

 

 

大乗仏教のお経の内容は何か?

清水寺

 

お坊さんが唱えている

お経の内容はなにか?

ですよね。

 

お経を唱える修行は何か?

 

それは、初期の仏教の

上座部仏教は八正道でしたが

大乗仏教は六波羅蜜になりました

 

」を主に唱えています。

 

」とはなにか?

 

ですよね。

 

簡単に言うと

 

空とは全ては幻想で物質には

実体はないのでこだわらない事

 

全ては相互関係である。

 

 

では、六波羅蜜とは何か?

ですね。

 

六波羅蜜とは

 

布施波羅蜜 ふせはらみつ

持戒波羅蜜 じかいはらみつ

忍辱波羅蜜 にんにくはらみつ

精進波羅蜜 しょうじんはらみつ

禅定波羅蜜 ぜんじょうはらみつ

智慧波羅蜜 ちえはらみつ

 

上記の六波羅蜜を下記に

解説します。

 

布施波羅蜜 ふせはらみつ

見返りを求めず与える事。

 

与えるものは物質だけではなく

精神面もある。

 

 

持戒波羅蜜 じかいはらみつ

戒律を守る。

 

道徳心を持って肝要である事。

 

 

忍辱波羅蜜 にんにくはらみつ

堪え忍ぶこと。

 

堪え忍ぶ事により

仏の慈悲が分かってくる。

 

 

精進波羅蜜 しょうじんはらみつ

努力する事。

 

日々コツコツと誠意を持って

努力をする事。

 

 

禅定波羅蜜 ぜんじょうはらみつ

精神を安定する事。

 

座禅や瞑想で精神を安定する事。

 

 

智慧波羅蜜 ちえはらみつ

悟りを彼岸する。

 

布施、持戒、忍辱、精進、禅定

の修行から智慧を蘇えらさせる。

 

 

*波羅蜜とは

波羅蜜は波羅蜜多(パラミータ)

とサンスクリット語で言い、

意味は「完成」です。

 

*「般若」とは

サンスクリット語で意味は

「完全な智慧」です。

 

 

以上がお経を唱える修行の

簡単な大乗仏教の説明です。

 

 

海外で知った大乗仏教の修行の感想

清水寺

 

簡単では有りますが上記に

大乗仏教のお経を唱える

修行を説明しました。

 

正直、日本にいた時は仏教に

興味もさほどなく、法事などで

礼儀作法などを調べる

ぐらいでした。

 

信仰心もありません。

 

しかし、無宗教と思っていたら

日常生活に普通に意識なく

仏教用語を使っていることに

気付きました。

 

タイで生活をしていると仏教を

意識する生活習慣が、物理的な

面と精神的な面の両方がある

事が意識的に分かります。

 

日本でも知らないうちに生活の中

に物理的と精神的の両方が

あった事が分かりました。

 

多分、日本で生活をしている

日本人は知らないうちに、

仏教用語を話す事や、物理的な

行動や精神的な感情があったり

します。

 

気付いてないだけです。

 

私自身もお坊さんが唱えている

お経の言葉の意味が何か

知りませんでした。

 

大乗仏教の修行を調べている内に

お経の意味が少し分かりましたよ

 

Jおっさんのブログを書いて

タイから発信していますが

お釈迦さまの手の平の上で

じたばたしています(笑)

 

気付いた事もありました。

 

大乗仏教は「」を主に

唱えています。

 

」とはなにか?

全ては相互作用

に納得がいきました。

 

タイの生活の中で「陰と陽

光と影、裏と表、両方で

一つを実感します。

 

空とは全ては幻想で物質には

実体はないのでこだわらない事

 

を身をもって知りました。

 

 

 

まとめ

仏性はほとんどの人に

あるものですね。

 

気付いてないだけです。

 

言っておきますが本文は

布教の為の記事ではありません。

 

海外のタイに住んで見て

環境の変化から日本の仏教の

大乗仏教について興味を抱く

ことになりました。

 

Jおっさんもタイの日常生活で

修行をしながら誰かの為になる

情報を精進しながら発信して

いきます。

 

 

気付きをくれた

タイランド、ありがとう~~~

 

と思う、Jおっさんです。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

タイ情報」を押して頂ければ

嬉しいです。

ありがとうございました。

 ↓

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.