観光

クルンカセーム運河ボート 無料 時刻表 運河沿い案内【体験談】

クルンカセーム運河ボート

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

クルンカセーム運河ボートに乗りました。

 

昔、栄えた都の名残があり

クルンカセーム運河沿いの古い

建築物や市場、木造映画館などは

興味を引くものがあります。

 

観光用のボートではありませんが

昔の都の面影が残っている

クルンカセーム運沿いを

ボートに乗ってご案内します。

 

では、気持ちをらく~~に

 

ご覧になってください。

 

 

クルンカセーム運河ボート ファラポーン舟乗り場 【時間表】

 

まずは、ファラポーンボート

乗り場のご案内です。

 

タイ国鉄ファラポーン駅の

すぐ横にボート乗り場があります。

 

ファラポーン駅正面を向かって

左に運河があり運河のアーチ型の

橋のたもとにありますよ。

 

下記に地図と写真を貼っておきます。

クルンカセーム運河ボートファラポーン舟乗り場

 

下記の地図は終着船着き場です

クルンカセーム運河ボートの時刻表
 

クルンカセーム運河沿い案内 【ボート乗船体験談】

クルンカセーム運河

 

久しぶりにクルンカセーム運河

ボートに乗りましよ。

 

まずは、ファラポーンボート

乗り場に到着です。

 

ファラポーンボート乗り場の次の

ボート乗り場の斜め前にボートが

待機しています。

 

船頭さんとスタッフも待機していますよ。

 

このボート乗り場ので、

1時間待った事もありました(笑)

 

じ~と、鋭い目線でボートの

待機場を見ます。

 

時々、Jおっさんは大げさに動い

てアピールをしました。

 

ここにお客さんが待っているよ~』な感じです(笑)

 

*実際に行かれる方はそんなことはしなでいいですよ。

 

じ~と待機場を見る事20分、

船頭さんとスタッフがボートを

出す準備をしています。

 

ボートがこちらに向かって来ますよ。

 

お~~ と思い、

腕を大げさに横に振ります。

 

ボートが段々と大きく見えて来る

のでスマホで動画を撮りました。

 

なんと待つ事20分で時刻表通りに来ました(笑)

 

動画は終点のチャオプラヤー川まで撮り続けます。

 

ボートに乗ろうとすると女性の

スタッフが「どこまで行くの?

と聞くので「最後まで」と答えました。

 

ボートに乗ります。

乗船客は自分と彼女だけです。

何度乗ってもワクワクしますね。

 

ボートは出発します。

 

クルンカセーム通りボートの

進行方面の左側には

ワットトライミットが近くにありますよ。

 

ワットトライミット

 

間もなく行くと右手には

鉄道アウトドア博物館があり、

鉄道フアンにはたまりません。

 

どんどんとボートは進んで行きます。

 

水面の目線が低く見えて良いですよ。

 

スマホの動画を水面ぎりぎり

にして動画を撮ります(笑)

 

誰も乗らないボート乗り場は

通過して行きますよ。

 

もし途中の船乗り場から乗る方は

ボートが来たら腕を横に振ってください。

 

あと子供や老人の方が乗って

来たらボート乗り場の近くに座っ

た方は手を貸してあげてください。

 

子供は最初から『抱っこして~

の態勢で両手を広げて待っています(笑)

 

そして、2つ目の船着き場に

近づくとキラキラと水面が光る

運河の船着き場に日傘をさした

女性の方が独りしんなりと立って

ボートを待っています。

 

古い街並みのなか風情がありますね。

なかなか良いものです。

 

遠慮気味に手を斜め下に振っていました。

タイの日差しはまぶしいですね。

 

ボートは船着き場に着きました。

 

日傘の女性の方の顔が・・・

 

男性でした。

 

タイではよくある事です。

その方は前の座席にしんなりと座りました。

 

ボートは進んで行きます。

 

アーチ橋をくぐりますが立って

手を伸ばせば届きそうです(笑)

 

そして左手に見える洋式の古い

立派な建物はテプシリン校です。

 

テプシリン校

 

右手に見える古いレンガ造りの

味のある建物がタイ国鉄本部であります。

 

見入ってしまう建築物ですね。

 

タイ国鉄本部事務所

 

そしてちょっと行くと中華系の

病院があります。

 

昔、中華系の人が都を作って来た名残ですね。

 

クルンカセーム通り

 

そしてセンセーブ運河との

交差点に来ました。

 

 

交差点の手前でボートは止まります。

 

クルンカセーム運河

センセーブ運河ボート

(センセーブ運河ボート)

 

スタッフの方はセンセーブ運河

ボートが来ていないか良く

確認をしていました。

 

OKだったのでスタッフは手を

振ってGOと合図をします。

 

交差点を渡りボーベー市場です。

 

運河の両サイドがバンコクで

一番安い激安衣類の市場です。

 

合わせて読みたい記事

眠らない街バンコク、移住者のJおっさんが教える激安衣類のボーベー市場

ボーベー市場

 

そして先ほどの女性いや、

男性の方はボーベー市場で

しんなりと降りて行きました。

クルンカセーム運河

 

ボーベー市場で働いているのでしょうか。

 

ボートは気持ちよく風を切って走っていきます。

 

次の大きな交差点の橋の右側は

Mahanok Fruit Market で大きなタイらしい市場です。

 

野菜や果物などが安いですよ。

 

そして、少し行くと

Nakhon Sawan 通りの交差点になり

左手がナンルーン市場です。

 

市場のすぐ横に昔の造映画館

Sala Chaloem Thani

を修復中ですよ。

 

完成したら見に行きます(笑)

 

合わせて読みたい記事

約100年前のバンコク木造映画館Sala Chaloem Thani

木造映画館

 

交差点を渡ると右手は文部省など

タイ政府庁舎の政府機関が続きますよ。

 

そして右手運河沿いに

テーウェート市場があり左手に

洋館のおしゃれなレストランがあります。

 

もうすぐ終点です。

 

そしてボートは終点の

チャオプラヤー川手前に着きました。

 

スタッフにいくらですかと言うと

手を横に振って要らないと言うの

で「クップンマーククラップ

と言いました。

 

「ありがとうございます」です。

 

やはり、今もボートの料金は無料でした。

 

ボートを降りてチャオプラヤー川

に出ると先端は眺めの良いレストランです。

 

レストラン

 

昔はこの近くに

ワット・ケーウチェームファーが

あったのです。

 

合わせて読みたい記事

宝くじが当たった!バンコクのお寺ワット・ケーウチェームファー

 

クルンカセーム運河を渡ると直ぐ

に運河沿いにテーウェート市場

の食堂があります。

 

食堂

値段は安いですね。

 

地元の会社員の方や学生さんがおられましたよ。

 

Jおっさんは40バーツ

(約120円)のカオパットを食べました。

 

美味しかったですよ(笑)

 

クルンカセーム運河沿いの風景

まとめ

このクルンカセーム運河沿いは

開発があまりしてないので

タイの昔の歴史的な建築物が

残っていて、いつ来ても

飽きないですね。

 

 

中華文化と西洋文化がタイの文化

と混じりあって興味深いです。

 

タイの都の交通の主流が舟だっ

たころを想像してしまいます。

 

タイに来てよかったな~~

 

と思う、Jおっさんでした。

 

パソコンの画面の

向こうの見えない読者様、

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

「タイ情報」を押して頂ければ

嬉しいです。

ありがとうございました。

 

-観光

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.