観光

バンコク、スピリチュアル観光マハーブット寺で恋愛運アップ!

マハブット寺ナン・ナーク

 

こんばんは~ Jおっさんです。

日本は夏ですね。夏と言えば怖いお話、怪談ですね。

 

今回は、タイでも有名な怪談「メーナーク」マハーブット寺に

Jおっさんがタイ人彼女に連れられて行った、不思議なお話です。

 

では、気持ちをらく~~に

 

マハーブット寺にタイ人彼女に連れられて行った不思議な体験談

 

マハブット寺ナン・ナーク

彼女と付き合い始めての3ヶ月頃です。

彼女は休みの日でした。

 

「今日はワッ、マハブッに行こう。」と言います。

私はそのタイ語がハッキリ聞き取れませんでしたが

ちゅうちょなく出かけます。

 

深く考えないJおっさんであります。

 

どんな所に行くのかも知らずに・・・

 

BTSオンヌット駅で二人は降りす。

そして、オンヌットの大通りからソンテウに乗り

小道入口で降りました。

 

そして小道を奥へ二人で歩いて行きます。

小道を歩くと女性と子供のタイ衣装や、

子供の人形などのお店が並びます。

 

占い屋さんも見かけました。

 

お寺に着きそしていつもの様にお参りセットを買います。

線香、ロウソク、花、紙に包んだ金箔を買います。

 

 

段々と周りはいつもと違うお寺の雰囲気が

漂って来ました・・・

 

線香と、ろうそくに火をつけ奥に行くと

何とも言えない女性の銅像とその後ろに女性の絵や

女性のタイ衣装が飾っています。

 

ナン・ナーク

 

私は気が付きました。『これは映画で見たメーナークだ。』

 

そして私は彼女に「もしかして幽霊のナン・ナーク?」

彼女は「そうそう、知っている?」

私は「映画で見た。」と言いました。

 

日本の牡丹灯籠の映画の様に何度もリメイクされています。

 

私も昔のチャクリー王朝時代の舞台を映画にしたものから

現代版メーナークを見たことがあります。

 

昔の映画と現代版のメーナークを両方見て

タイ人の精神的な考えや文化に凄く興味を深く持ってしまいました。

 

 

そして私は、『とうとう来たか・・・呼ばれたな。』と思いました。

 

不思議なものです。

 

10年以上も前に見て凄く印象に残り

タイにどんどんと興味を持っていった映画のひとつです。

 

場所に呼ばれるというか、知らないうちに時間をかけて

呼ばれる事が有るものですね。

 

wat mahabut

 

この映画も昔の映画と現代版の映画が有りますが時代は違っても

タイ人の精神的な文化は今も変わりなく続いている事が描かれています。

 

 

そんな事からマハーブット寺に来て時間の想念が変わりました。

 

 

距離とか時間は関係なく自分の波動の周波数が合う時が

ある不思議なスピリチュアル体験です。

 

Nang Nak の肖像画

 

なんと縁のあるお寺でしょう!

 

不思議なお寺、マハーブット寺。

 

そして私はお参りセットの花をメーナークさんの

銅像の祭壇に花を置きます。

 

正座をし長い線香を持ったまま

三回頭を床にさげました。

タイ式お参りです。

 

お願い事は『彼女と健康で長く一緒に居られますように。』です。

 

 

それから、長い線香とロウソクをたてて、

金箔をメーナークさんに貼りました。

 

心の中で、『メーナークさん、ありがとうございます。』

と言います。

 

同時に過去の自分の辛かった事を思い出しました。

 

ここで思い出したという事は過去の自分が癒されたのかも知れません。

現在の自分が過去の自分を助けたのでしょう。

 

これもメーナークさんの御利益でしょう。

 

時代や距離を超えたパワースポットです!

 

タイに来て『よかったな~~』と思う自分であります。

 

マハブット寺

 

そしてお寺一番奥のプラカノンの川沿いに行きます。

一番奥ですが道路のなっか頃はこの川沿いが入口だったのでしょう。

 

 

頭の中でこの磁場がフラッシュバックをさせます。

映画で見たメーナークさんの川沿いの高床式の家を思い出しました。

 

川沿いも時代が止まった雰囲気がします。

 

彼女と一緒に川にいる魚さんにパンをあげました。

これもタイ式タンブン、徳を積む事になります。

川沿いにタンブン用のパンやふ菓子が販売しております。

 

 

カップルが楽しそうに一緒に魚さんにパンをあげていましたね。

 

水槽に入っている魚さん、カエルさん、タニシさん、などを

買って川に逃がしてあげるカップルもいました。

 

楽しそうですね~

この行為も徳を積む事になります。

 

愛は愛を呼ぶ、

 

wat mahabut

 

良いサイクルとなっています。

愛の波動が充満していますね。

 

タイ人の間では恋愛運アップのお寺です!

皆さん楽しそうに写真を撮っていました。

 

出来れば映画を見てから訪れるといいでしょう。

 

映画ですが、チャクリー王朝時代と近代を舞台とした映画がが有ります。

どちらの映画もタイ人の精神的な文化が今も昔も変わりなく描かれています。

 

マハーブット寺の行き方ですが簡単です。

分かり安いです。

 

BTS オンヌット駅を降りてタクシーで約5分位です。

On Nut 通りビックシーを過ぎてOn Nut ソイ 7に入った突き当りです。

 

小道入口(On Nut ソイ7)から歩いてマハブット寺に

行ったほうがいいでしょう。

 

 

お寺に着くまでにメーナークさんのお供えのタイ衣装や

占い屋さんが有り雰囲気が漂っています。

 

もし可能であれば通訳さんを頼んで占い屋さんに行くと

めちゃめちゃ雰囲気が味わえます。

 

占い屋さんも皆さん個性が有り、

スピリチュアルな体験となります。

 

Jおっさんは彼女に連れられて

占い屋さん行ったことが有ります。

 

部屋の創芸や占いの時に使う小物などが雰囲気を漂わせています。

 

占い師の話し方や、ジェスチャーなどがスピリチュアル

ばりばりで、ドキドキします。

 

占いの記事は長くなりますので又の機会に書きますね。

 

あとマハーブット寺に行った日、マンションに帰ってから

彼女が「マハブット寺で何をお願いしたの?」

と聞かれましたので、

 

「あなたと長く一緒に健康でいれますように。」と言った

Jおっさんであります。

 

スミマセ~ン。最後がのろけ話で全然こわい話じゃ有りませんでした。

 

是非、あなたもマハブット寺でスピリチュアル体験をして

恋愛運アップを!

 

まとめ

メーナークさんのストーリーが知りたい方は

ウィキペディアでプラカノンのメーナークで検索できます。

 

映画を見たい方は

タイの映画題名は[ナン・ナーク]または[愛しのゴースト]で検索できます。

 

マハーブット寺に夕方ごろに行くと雰囲気が漂っています。

スピリチュアルを味わえる、ちょっと他とは違ったお寺です。

 

縁のある人は行く事になるでしょう。

 

メー・ナークさんがお待ちしております。

 

川沿いでぼ~~と眺めて下さい。

心がす~とします。

 

これからも愛のある波動をお届けいたします。

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

下記のランキング応援のボタンをポチッとクリックして頂けると大変うれしいです。

  ↓

-観光

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.