観光

バンコクスピリチュアル、熱射病でフラフラ!シーク教信者に助けられた

シーク教寺院

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

今回は熱射病で、

顔色もまっさおになり、

 

フラフラしていたら

シーク教の人に助けられた記事です。

 

なぜ記事にするか?

 

そうです、日本人は

助けられた御恩を忘れません。

 

軽薄な精神性の

人種ではありません。

 

八百万の神々の国です。

 

私自身は無宗教で

有りますが外国で他宗教の

 

外国人に助けられた

スピリチュアルな体験談の記事となります。

 

 

では、気持ちをらく~~に

 

 

熱射病でフラフラ!無心で出かける

バンコクの道路

 

一度、熱射病で倒れると

なかなか治りません。

 

朝、起きた時にフラフラになり

倒れて水を飲み持ち直します。

 

タクシーで病院に行きましたが、

2週間たってもフラフラしていました。

 

 

そんな中シーク教のカレーでも

食べれば元気になるだろうと、

思い無理して出かけます。

 

日差しが目にくらみました。

 

外はかげろうで、

ユラユラしています。

 

歩いてバス通りまで行き

ますが近所の人が車で私を見て、

 

「乗って行かない」と

声をかけてもらうのを、

 

期待しましたが車一台も通りません。

 

 

お寺の前を歩きますが大きな

金色の仏像の顔が熱い

真っ青な空から私を見ています。

 

無・・・ 以外なにも感じません。

 

 

苦しいも楽しいも有りませんね。

 

ただ、単に歩きます。

 

ありんこと、同じです。

 

バス停まで無の状況で歩き着きます。

 

 

バスに乗りますが何も考えられません。

 

 

エアコンが無いバスでただ単に

バンコクの街もようが映画の

フイルムのように窓の外を

景色が流れます。

 

バス代の集金のおばさんが

バス代を徴収に来たかも

覚えていません。

 

無意識でバスをおります。

 

(バンコクのシーク教寺院の地図です)

 

 

繊維の街は人でごった返していました。

 

サンペーン市場の中を通り

抜けますが全く人混みにが、

気になりません。

 

それどころか後で考えれば

一番スムーズに、通り抜けた

気がします。

 

シーク教の信者さんに助けられる

バンコクのシーク教寺院

(シーク教寺院1階)

 

そして、フラフラですが何とか

シーク教寺院までたどり着きました。

 

 

寺院に入るとバンコクの頭から

ささる太陽の日差しも無くなり

 

ひんやりと、す~としました。

 

薄暗くなり寺院内にシーク教の

お坊様の歌声と楽器の音色が

遠くに聞こえます。

 

寺院の中、結界に入った

感覚だけはわかりました。

 

土足厳禁なの靴を脱いで

下足番のスタッフに靴を預けます。

 

バンコク、シーク教

(靴を預ける所です。女性側と男性側に分かれています)

 

一気に意識、感覚がもどり、

ひざまつきました。

 

冷汗がでます。

 

多分、顔は真っ青です。

 

下足番のスタッフが、

話しかけますが私は精神的に

対応する余裕がありません。

 

ただ単に、私は「OK,OK,」を

繰り返し言いました。

 

すると、その方はひざをついている

私の手をとり手の中に小さな袋と

靴の引き換え番号札を渡します。

 

それは、ビタミン剤です。

 

その時は何をくれたのかわかりません。

 

 

無意識に番号札とビタミン剤の

小さな袋をポケットにしまい、

「サンキュウ」と一言いました。

 

周りの人はスローモーションの

ような動きで見えます。

 

まるで映画のマトリックスのようです。

 

 

先ほどまでは私が街の中で

ゆっくりとフラフラに

 

なりながら歩いいたのですが

寺院内に入ると私より周りの

 

人達がゆっくり、

スローモーションの動きになりました。

 

スピリチュアル、異次元空間の中お堂に行く

バンコクのシーク教寺院

(シーク教寺院の祭壇)

 

お堂に行く前に寺院で、

用意をされているバンダナで

髪の毛を隠します。

シーク教寺院のバンダナ

(シーク教寺院の貸出し用のバンダナ)

 

ターバンの代わりです。

 

お堂に入るとホッとしました。

 

ひんやりとした空気が

体と心をいやします。

 

相変わらず、フラフラですが

経典の後ろに座っている

 

お坊様の前まで行き手を、

合わせ頭をさげました。

 

お坊様は御幣(ごへい)の

ようなものを振ります。

 

棒の先にフアフアとした

繊維質のひもようなのが付いていました。

 

 

それを、私の頭の上に

向かって振りました。

 

お賽銭箱にお金を入れて

ひざまつき、土下座をします。

 

シーク教のお参りの仕方です。

 

床におでこを付けます。

 

無、です。

 

何も考える余裕がありません。

 

手を合わせたまま

立派な台の上に座っている

 

お坊様の周りを1周して

楽器の演奏と歌っている

お坊様にお賽銭を置きます。

 

そして、お堂に座りました。

 

 

正面右半分が男性の座る場所で、

左半分ば女性の座る場所です。

 

 

お堂にすわりひんやりした

空気の中、楽器の演奏と

 

歌声が耳からではなく

心のもっと深い何も感じない

 

所に響きました。

 

ボ~~トします。

 

危ない人ですね(笑)

 

しばらく休み、

経典に向かって手を、

合わせ一礼をしてお堂を出ます。

 

出る時にツボに入った食べ物

(黄な粉を練ったようなもの)

を両手をだすとのせて頂けますよ。

 

両手で手のひらを出すと

いつもの黄な粉の食べ物の他に

インドのお菓子をのせてくれました。

 

笑顔で「サンキュウ」と

言うのが精一杯です。

 

 

スピリチュアル、無料インド料理、ランガル!

バンコクのシーク教寺院

(シーク教寺の無料料理の写真)

 

2階の無料で頂ける食堂に行きました。

 

この無料で頂ける料理は

『ランガル』と言いますよ。

 

シーク教の総本山はインドの

アムリトサルに所在しており、

 

グル・ナーナクさんがシーク教の

教義を詩歌によって伝えている。

 

教義で他の宗教を批判しては

いけないや、苦行をしてはいけない、

 

家族のため仕事を優先などを唱えています。

 

詳しくはウィキペディア、

シク教で見てください。

下記を押すと見る事ができます。

シク教

 

 

こうやって無料で皆さん、

ランガルを食べていますが

来た全ての人に、

 

宗教、性別、地位、年齢をとわず

食事を無料で食べて頂くように

しているのがすごいですよね。

 

年中無休です!

 

 

そして、シーク教の御利益の

パワーが入ったインド料理を頂きます。

 

 

身体の細胞にいき渡り

生命のエネルギーが

パワーアップしましたよ。

 

食べていると水とチャイを

つぐ係の方が私の前に来て

チャイを注いでくれました。

 

 

シーク教寺院の無料の食事

 

来るたびにチャイなので

何も言わなくてもチャイを

入れてもらえます(笑)

 

笑顔でクップンカップといいました。

 

いつもの飲み物係の人も

笑顔で返して頂けましたよ。

 

チャイを飲むと命が喜びます。

 

身体にしみますね。

 

広い食堂にも、お坊様の歌声と

楽器の音色が遠くからひびき

リラックスできますね。

 

休憩をしたのち、1階で

靴を返してもらいに行きます。

 

靴を渡す時に引き換え番号札を

頂いていますので番号札を渡しました。

 

 

まだ、フラフラしていましたが、

精神的、生命力は戻りましたね。

 

 

バンコク、スピリチュアル体験・宇宙規模

チャオプラヤー川

 

フラフラ歩きながら

チャオプラヤー川のふもとの

バス停まで行きました。

 

そしてバスに乗り、土色の

メナーム・チャオプラヤーを眺めます。

 

しぶきをあげてブブブ~ンと、

音を鳴らしながら

細長い舟が走って行きました。

 

ジッと眺めます。

 

メナームのメーはタイ語で母、

ナームは水

母なる水・チャオプラヤーです。

 

何も感じませんが涙がでました。

 

悲しくも苦しくもありません。

 

ただ単に涙がでます。

 

不思議なものです。

 

家に帰りポッケトに手を

入れると小さな袋があります。

 

袋の中にはカプセルの薬が

入っています。

 

カプセルに書いてある文字を

インターネットで見たら

ビタミン剤でしたね。

 

あれから、シーク教でその

信者の方に会うたびに

 

私にビタミン剤を

渡していただけました。

 

ありがたいものです。

 

それで、シーク教をネットで

調べましたが素晴らしい

宗教だと分かりましたね。

 

調べたところシーク教以外の

宗教も尊重するや他宗教の人と

一緒に食事をしても良いなど

書いてありました。

 

そう言えば、シーク教の

無料の食堂でお坊様も一緒に

ご飯を食べておられましたね。

 

食べ終わった食器は

セルフサービスで返すのですが、

 

私が食べ終わった食器を座って

休んでいたら信者の方が下げて

 

くれた時もありました。

 

宗教でありながら宗教の

壁と国境を越え素晴らしいです。

 

まとめ

個人的にはシーク教の

信者の方には助けられました。

 

ありがとうございましす。

 

あまりにも、愛の大きさが大きく

 

宇宙なみの親切を頂くことに

 

その大きさや、ありがたみの

 

全てが見えません。

 

Jおっさんは、俗物であります。

 

また深く、

 

バンコクでスピリチュアルを

超えた体験をしました。

 

タイに来てよかったな~~

 

と、思います。

 

まさに精神の進化中です。

 

また、ひとり言の記事となりました。

 

もし、バンコクに行く機会が

ありましたらシーク教寺院に

よって見てはいかがでしょうか。

 

スピリチュアルな体験は間違いなしです。

 

パソコンの画面の向こうの

見えない読者様、

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

「タイ情報」を押して頂ければ

うれしいです。

ありがとうございます。

  ↓

-観光

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.