日常生活

タイロングステイ 銀行口座開設 必要な書類 タイ移住者の経験談

銀行

こんにちは、Jおっさんです。

 

これまでに、タイロングステイの

記事を書きました。

 

今回は銀行口座の開設の

記事を書きます。

 

タイのリタイアメントビザや

婚姻ビザ申請の時に定められた

金額以上の銀行口座の

残高証明書が必要です。

 

では、必要書類など、

タイ移住者である私の経験談の

銀行口座開設を説明します。

 

では、気持ちをらく~~に

 

読んで見て下さい。

 

 

 

タイでビザが無い人 銀行口座開設 必要書類は何か?

銀行

 

はい、お答えします。

 

銀行口座開設 

ビザが無い人の場合の必要書類

 

・パスポート原本

 

・マンションの賃貸契約書

 

・在タイ日本大使館から発行の

 戸籍記載事項証明書の英文

 

上記の書類が必要となります。

 

注意する事は、在タイ日本大使館

から発行の戸籍記載事項証明書の

英文を発行して貰うには

戸籍謄本が必要となりますよ。

 

戸籍謄本は、在タイ日本大使館

では、取れませんので日本から

持って行きましょう。

 

タイから戸籍謄本を取り寄せたい

方は、日本に居る方に委任状や

タイの在留証明書を送る

必要があります。

 

詳しくは、日本の戸籍謄本を

取り寄せる役所のホームページを

参考にして下さい。

 

 

それで、タイで銀行口座を

開設する為には、仕事のワーク

パーミットビザか、

婚姻ビザが必要です。

 

ビザを所得する為には

銀行口座が必要になります。

 

銀行口座が無ければビザは

所得できない。

 

???

 

と思いますよね。

 

矛盾があります。

 

どなたも最初は、

ビザがありません。

 

では、どうしたらビザが無い人は

銀行口座が開設できるのか

手順を下記に書きます。

 

 

タイの銀行口座開設の仕方・手順

通帳

 

それでは、タイロングステイを

する為に、タイの銀行口座の

開設の仕方・手順を下記に

書きます。

 

日本で戸籍謄本を用意する

タイで賃貸マンションを借りる

賃貸マンションの賃貸借契約書を貰う

在タイ日本大使館へ行く

戸籍記載事項証明書の英文を発行して貰う

タイの銀行へ行く

銀行口座の開設

 

上記が、タイの銀行口座の

開設までの手順です。

 

では、下記に上記の内容を

詳しく説明します。

 

 

  • 日本で戸籍謄本を用意する

在タイ日本大使館では

戸籍謄本がとれません。

 

なので、タイに行く前に日本で

戸籍謄本をとっておきます。

 

戸籍謄本をコピーもしておきます

 

 

  • タイで賃貸マンションを借りる

タイの銀行口座の開設で

賃貸マンション、

アパートメント、

など、賃貸契約書が必要となり

ますのでまずは、住む所を

決めます。

 

  • 在タイ日本大使館へ行く

必要書類

 パスポート原本

 戸籍謄本の原本とコピー

 

在タイ日本大使館へ行き

受付係の人に

タイで銀行口座を開設したい

と言うと、申請書が貰えます。

 

記入する箇所も教えてくれますよ

 

では、在タイ日本大使館での

手順を下記に書きます。

 

 

戸籍記載事項証明書の英文の発行

の申請書を記入する

機械から受付番号を貰う

受付番号が呼ばれたら

受付窓口へ行く

記入した申請書とパスポート原本

戸籍謄本とコピーを渡す

申請受理票を貰う

翌日以降に在タイ日本大使館で

戸籍記載事項証明書の英文を貰う

*手数料を払う

 

 

・タイの銀行へ行く

 銀行口座の開設

 

必要書類を全てもってタイの銀行

で口座開設をします。

 

では、下記に銀行口座の

開設の手順を書きますね。

 

 

銀行へ行く

機械から受付番号の

レシートを貰う。

機械のどこを押したら良いのかは

係の方が近くにいますので

口座の開設をしたい

と言いましょう。

すると番号札を貰えます。

受付番号が呼ばれたら、呼ばれた

番号の窓口へ行く。

 

口座開設をしたいと言い、

必要書類を渡します。

 

口座開設の書類はほとんど

銀行員が書いてくれますよ。

 

サインは自分でします。

 

聞かれる事は、

口座開設の目的

日本の住所、

日本での仕事、

年収

学歴

などです。

 

後は、カードの種類を選びます。

 

もしくは、勝手に用意されますよ

 

いろいろと種類はあります。

 

海外でも使えるカードや

デビットカード、の種類などが

ありますよ。

 

そして、暗証番号6桁を入力

します。

 

インターネットバンキングが

使えるようにも出来ますよ。

 

普通口座への入金と

キャッシュカード代などを

払います。

 

 

その場で通帳とキャッシュカード

が貰えますよ。

 

以上が、タイの銀行口座開設の

仕方・手順でした。

 

では、下記にタイ移住をした

私の経験談を書きます。

 

 

銀行口座の開設 タイ移住者の経験

銀行

 

タイでは、外国人が銀行口座の

開設に行くと、就労ビザや

婚姻ビザがないと、

断られる事があります。

 

全ての書類が、そろっていても

断る支店もありますよ。

 

そんな時は、

別の支店に行きましょう。

 

銀行は沢山あります。

 

銀行口座の開設を、し易いのは

バンコク銀行の本店です。

 

シーロムにあります。

 

ジャパンデスクがありますよ。

 

日本語が通じます。

 

安心して、

銀行口座の開設ができますね。

 

日本大使館も、近いです。

 

私が、タイの銀行口座を開設した

のはもう、5年前の事ですが

受付の女性の銀行員にダメです

と言われ断られました。

 

でも、隣にいた女性の銀行員が

いいじゃない」と言います。

 

すると二人は、上司に聞いて

見ようと言いましたよ。

 

奥から、かっぷくの良い男性の

上司が出てきました。

 

そして私の顔を、

ジ~~と見ます。

 

目が数秒合いました。

 

上司はニッコと

タイのほほ笑みです。

 

OK」と言いましたよ。

 

書類を見ながら、日本人ですね。

 

お名前は何々さんですね。

 

と言います。

 

その銀行の上司の身のこなしは

女性でした。

 

取りあえず、口座が出来て安心

した、タイらしい、

タイ移住者の体験談です。

 

 

まとめ

タイロングステイをする為の

銀行口座の開設ですが、

年々難しくなっています。

 

担当者の采配で、

簡単に出来る時も有りますよ

 

しかし、その時に定められた必要

書類は、用意しておきましょう。

 

タイ移住者として一番、口座会設

が、し易く安心なのが

バンコク銀行本店の

ジャパンデスクですね。

 

ATMからカードや通帳が出て

こない時など、問題があっても

日本語で説明が出来ます。

 

安心です。

 

戸籍謄本は日本でとるのを

忘れずにね~

 

最後まで、お読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

タイ情報」を押して頂ければ

嬉しいです。

ありがとうございました。

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.