日常生活

タイのローカル市場 何が売っているのか? タイの食文化

魚

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

初めてタイのローカル市場に

買い物に行った時は驚きました。

 

見た事のない食材が、

並んでいます。

 

日本とタイの食文化の違いを

実感しました。

 

何よりも市場の雰囲気に

圧倒されますよ。

 

そこで今回は、タイの市場では

何が売っているのか?など

タイローカル市場のようすを

紹介します。

 

では、気持ちをらく~~に

 

読んで見て下さい。

 

 

タイ早朝のローカル市場 何が売っているのか?

市場

 

タイのローカル市場は、朝早く

暗いうちから、お店は

営業しています。

 

お客さんも、日の出前から

食材などを、買いに来ていますよ

 

では、どんな食材やその他の商品

が売っているのか下記に箇条書き

で、書きます。

 

タイの野菜

肉類

たまご

果物

漬物

スイーツ

ファーストフード

飲料水

乾物

お米

調味料

味噌

豆腐

台所用品

仏具

服類

 

ざっと、タイのローカル市場で

売っている物を、紹介しました。

 

上記の商品を読んで見ても

驚きませんよね。

 

しかし、驚く食材が

売っていますよ。

 

日本とタイの食文化の違いで

何が驚くのか、下記に詳しく

紹介します。

           

 

タイローカル市場 驚きの食材 タイの食文化

 

上記に書いてあるように

野菜や肉類、魚など

日本と同じだなぁ、

と思いますが、見ると違います。

 

大根やキャベツ、トマト、

キュウリ、ジャガイモなど

多少は形が違いますが

見て分かりますよ。

 

見て分かる食材は、どのように

して、食べたら良いか分かり

ますよね。

 

しかし、日本とタイの食文化の

違いで、驚きの食材がタイの

ローカル市場にはありますよ。

 

では、下記に箇条書きで書きます

 

 

・驚きの食材レベル(小)

日本にはない野菜

漬物

味噌

地方惣菜

果物

 

上記にタイローカル市場で

売っている、驚きの食材レベル小

の食材を書きました。

 

では、上記の内容を詳しく

下記に説明します。

 

  • 日本にはない野菜

日本に無い野菜はどうやって

調理して良いのか分かりません。

 

でも、上記に書いてあるように

日本と同じ野菜が売って有るので

調理はできます。

 

まぁ、タイに住んでタイ飯を

食べていれば、タイの野菜の

調理方法が、少しずつ

分かって来ますよ。

 

 

  • 漬物

驚くのが、タイのローカル市場

には、漬物屋さんがあります。

 

日本の市場にも昔は

ありましたよね。

 

樽の中に野菜の漬物が山積みに

入って売っていました。

 

それと、同じように樽に

タイの野菜が入った

漬物屋さんがあります。

 

食べて見ると、日本の漬物に近い

漬物もありました。

 

ラッキョみたいな漬物は

美味しかったです。

 

いろいろと食べて、試して

見るのも楽しいですよ。

 

あと、漬物屋さんには、

魚を漬けたものがあります。

 

匂いが凄く臭いですよ。

 

食べると、美味しいのかも

知れませんが、食べた事は

ありません。

 

フナ寿司のようなフナや

クサヤのような魚です。

 

焼いているのを、見た事が

ありますが、匂いが凄く臭い

ですよ。

 

クサヤと同じ匂いです(笑)

 

 

  • 味噌

味噌屋さんも有ります。

 

日本と同じように樽に

山盛りになって売っています。

 

日本の味噌と同じかなと思って

食べたら、全然違いますよ。

 

大体は辛い味付けです。

 

タイ人はこの味噌を野菜や魚、

ご飯につけて食べます。

 

 

  • 地方惣菜

バナナの葉でくるんだ

地方惣菜があります。

 

ほぼ辛い味付けですよ。

 

タイ野菜に鶏肉か、豚肉、魚、

ウナギなど、バナナの葉で

包んで蒸した料理です。

 

以上が、日本とタイの食文化の

違いで、タイローカル市場の

驚きレベル(小)の

タイの食材でした。

 

では、下記に日本とタイの食文化

の違いで、驚きの食材レベル(大)

を紹介します。

 

 

  • 驚きの食材レベル(大)

昆虫食

カエル

野ネズミ

生きている鶏、アヒル、魚

 

では、下記に上記の内容を

詳しく書きます。

 

  • 昆虫食

今は、日本でも

昆虫食ブームですよね。

 

タイは昔から、昆虫食はあります

 

タイ人全員が、食べるわけでは

ありません。

 

でも、昆虫食の存在は

良く知っていますよ。

例えば、

 

イナゴ、

コオロギ、

サナギ、

バッタ

タガメ、

サソリ

 

などが、売っています。

 

 

  • カエル

カエルも昆虫食屋さんに

売ってある、時もあります。

 

小さいカエルですが、

油で揚げていますよ。

 

後は、生きたままカエルを

売っています。

 

食べると、鶏肉みたいで

美味しですよ。

 

 

  • 野ネズミ

野ネズミの肉も売っています。

 

料理して食べた事があるので

見て分かりますが、

日本人が野ネズミの肉を見ても

分かりませんよね(笑)

 

 

  • 生きている鶏、アヒル、魚

鶏、アヒル、魚も生きたまま

売っています。

 

驚きますよね。

 

バンコクではクロントゥーイ市場

で、生きたまま売っていますよ。

 

魚も、珍しい魚が生きたまま

売っています。

 

木登り魚

ティラピア

ナイフフイッシュ

ライギョ

ナマズ

ウナギ

 

上記のような魚が生きたまま

売っていますよ。

 

以上が日本とタイの食文化の違いで

驚きの食材レベル(大)の

タイローカル市場のお店にあった

食材でした。

 

 

まとめ

初めて、タイのローカル市場に

行った時は珍しく、

何が売っているのか?

好奇心は、ありました。

 

しかし、市場の雰囲気に

圧倒されましたね(笑)

 

それは、タイ人の女性のパワーに

驚きました。

 

お店の人や、お客さんの

元気の良さに尻込みしながら

タイのローカル市場で

タイの食材を買いました。

 

市場のお店の方は、

親切なタイ人が多いです。

 

買い物をすると、

どこの国の人ですか?

 

と聞かれたりして、ローカル市場

ならではの、買い物ですね。

 

オマケも、たまにしてくれます(笑)

 

日本とタイは、食文化は違うけど

タイのローカル市場はいいな~

 

と思う、Jおっさんでした。

 

最後までお読み頂き

ありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

タイ情報」を押して頂ければ

嬉しいです。

ありがとうございました。

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.