日常生活

タイ田舎生活 元サラリーマン 高次元の存在を知る【体験談】

タイの田舎の子供

 

こんにちは、Jおっさんです。

 

バンコクとタイ田舎生活を

しています。

 

元日本のサラリーマンですが

タイ移住をしました。

 

タイ田舎では、半自給自足の

生活をしています。

 

タイ田舎の家は、農家を営んで

自然と共に、家族全員で

生計が成り立っていますよ。

 

自然の恵みの中で、高次元の存在

知る、元日本のサラリーマンの

体験談の記事です。

 

では、気持ちをらく~~に

 

読んで見て下さい。

 

 

都会の元サラリーマン時代

電車

 

私は日本では、

元サラリーマンでした。

 

若い時は、パソコンで

カチャカチャ、書類をパッパッ

そんな、カッコイイ仕事に

憧れていましたよ(笑)

 

テレビや雑誌などで、

流行りものを追いかけました。

 

周りの人も、そうしているので

影響を凄く受けていましたね。

 

次から次へと、

新商品や、流行を追いかけます。

 

欲しい気持ちが、強くなり

精神が『クゥ~』となりますね。

 

欲しいものを、手に入れると

嬉しくて安堵します。

 

完璧に情報操作をされていました(笑)

 

そんな、日本の元サラリーマン時代

の精神性でした。

 

それで、タイ田舎生活で、

どうなったか下記に紹介します。

 

 

タイ田舎生活 昔の日本の田舎生活に似ている

日の出

 

現代社会にどっぷりとつかっていた

元サラリーマンが、縁あって

タイ人彼女の実家のタイ田舎で

半自給自足の生活をする

事になりました。

 

周りには、何もなく

夜は真っ暗です。

 

コンビニエンスストアも

近くにありません。

 

聞こえるのは、鳥のさえずりや

虫の音、木々が風でそよぐ音

だけです。

 

子供の時は、虫捕りや川で

泳いだりして、自然が大好き

だったので、タイの見た事のない

動植物など、珍しい自然に

興味津々ですね。

 

浴室は、シャワーはなく

桶に溜めた水で、手桶を使って

水浴びをします。

 

寝る時は、蚊取り線香をたいて、

蚊帳で寝ますよ。

 

タイ田舎生活は、昔の日本の

田舎生活に似ていますね。

 

子どの頃を思い出して、

ワクワクしていく私でした。

 

 

タイ田舎生活 高次元の存在を知る前の意識の変化

マンゴーの木

 

タイ田舎生活を通して

高次元の存在を知る前に

意識の変化がありました。

 

タイの田舎の人達にとっては

高次元の存在は当たり前の事です

 

なので、高次元の存在を今さら

知ると言う事はありません。

 

いちいち、誰かに高次元の存在の

有無を言いませんよ。

 

ですので、私にも

高次元の存在を信じろ」とは

一度も言われた事が無いです。

 

では、なぜ高次元の存在を

知るようになったのかを

説明します。

 

それは、タイ田舎の農業と

半自給自足の生活で高次元の存在

を、知る事になりますよ。

 

日本でのサラリーマン時代と

価値観が180度変わりました。

 

ここで生きて行く為には、

流行り物のブランド商品などは

役に立ちません。

 

流行り物のブランド商品を

持っていても、精神が安堵する

事は、ありませんね。

 

サラリーマン時代の仕事では、

利益を上げるために、前年度の

数パーセント以上の売り上げを

目標とします。

 

その為に、経費削減やライバル社

と、比べた設定をしていました。

 

仕入先に値引き交渉をしましたね

 

常に同業者を気にします。

 

社会情勢も気にしていました。

 

競争社会の中で、勝つと

リラックスをします。

 

しかし、それは永遠に競争を

していく事になっていました。

 

自分の意思と反した事でも

ビジネスを続ける事になります。

 

しかし、タイ田舎生活で、

幸せを感じる価値観が

変わりました。

 

じゃあ、タイ田舎の生活の幸せと

感じる事は何ですか?

 

それと、高次元の存在と何が

関係しているのですか?

 

では、その事を説明します。

 

 

タイ田舎生活 高次元の存在を知る

祠

 

そうですね、徐々にタイ田舎生活

で、タイ人家族を通して

高次元の存在を知る元日本の

サラリーマンの私でした。

 

それは、出会う人も周りの環境も

食べる物も変わっていきます。

 

周りの人も、環境の意識も変わり

私自身に受ける影響が

180度変わりました。

 

タイの田舎生活は、農業を

しながら、半自給自足の生活です。

 

自然があってこそ、食べ物が

採れたり、現金収入の元に

なります。

 

なので、自然を大切にしています

 

タイは、仏教が普及する前は

タイ族は自然信仰(精霊信仰)

でした。

 

現代になっても、タイの田舎は

自然の精霊や、土地の神様を

大切にしています。

 

祠にお供え物をしたり、

村のお寺の産土神さまに

子宝や豊作の祈願をしますよ。

 

お坊様に行事ごとなど

占いをして貰います。

 

最初は、そんな古典的な事より

科学的に考えた方が良いでは

と、思っていました。

 

タイ田舎生活をしていると

いろんな事が有ります。

 

良い事もありますし、

大変な事もあります。

 

特に自然の影響は、人間の力では

どうにもならない事はありました

 

養殖池のナマズが、病気になり

沢山のナマズが死んだ事もあります

 

台風が来て、家の屋根が

飛んでしまった事もありますよ。

 

そんな自然の中でも、朝になれば

太陽は登り、鳥たちは田んぼの

魚や、貝を食べに来ます。

 

米が実れば、

野ネズミがやって来ますよ。

 

その野ネズミを狙って

ヘビが来ます。

 

夜になると、ホタルがたくさん

飛んでいますよ。

 

ホタルの幼虫の餌はタニシです。

 

タニシは沼の水の浄化を

してくれています。

 

子供の時から自然大好き

少年だったので、このタイ田舎の

自然サイクルが理解できました。

 

農作業自体が、このタイ田舎の

動植物の自然サイクルの一部に

なっています。

 

周りの木々に宗教的な意味がある

神様の樹木があります。

 

村人の結婚式も、タイの仏教の

しきたりで、式をあげますよ。

 

やはり、自然に関係をした

儀式が有ります。

 

病気になったら、病院にも行き

ますが、お寺にお参りにも

行きますよ。

 

それを家族全員が、

お礼を、祠やお寺でします。

 

そして、家族全員が助け合い

喜びを共有して、ささやかな

生活をして幸せを感じています。

 

そんな家族の愛の有り方から

精霊や土地神、産土神など

田舎の自然霊の高次元の存在を

感じるようになりました。

 

人間中心では、ありません。

 

自然があってこその世界です。

 

サラリーマン時代は、もしかした

ら、ビジネスの神様がいたのかも

しれません。

 

しかし、精神性がその時は

追い付いていませんでした。

 

タイ田舎の幸せ(愛)や周りから

受ける精神世界から、

感じ取れるようになりましたよ。

 

 

まとめ

高次元の存在と同時に、

子供の頃の五感は、戻りました。

 

植物の匂いで近くに何の植物が

あるか、もうすぐ雨が降る匂い、

沼の匂いが分かるように

なりました。

 

タイ田舎生活で、自然の中で

家族で自給自足の生活をしている

と、その地の高次元の存在を感じ

るようになりました。

 

田舎での家族の幸せは

高次元の影響は有ります。

 

なので、自然の摂理に

そって生きていますよ。

 

善行をタイの田舎の片隅で

コツコツと徳を積んでいきます。

 

幸せは、幸せの数珠繋がりです。

 

タイの田舎に来て良かった~

 

と思う、Jおっさんでした。

 

最後まで、お読み

頂きありがとうございます。

 

ランキング応援ボタン

タイ情報」を押して頂ければ

嬉しいです。

ありがとうございました。

-日常生活

Copyright© Jおっさん , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.